三世代同居/60万円・TOTO・ウォシュレット、ビデ、便座が温かくなるがついています。のトイレリフォーム内容

子供のトイレトレーニングをする際に、リフォームしました。和式トイレだったのを洋式トイレにしました、壁もタイルでしたので、新しく壁紙を貼ってもらいました。今までのドアは、下は床にぴったりくっついてたんですが、リフォームで、床とトイレのドアの間に隙間が出来ました。

和式トイレで、トイレトレーニングをさせるのは無理かなと思ったことです。最近は、幼稚園や学校などもほとんどが洋式トイレなので、和式トイレじゃないとダメという理由がなかったので、子供がおむつ離れするかなというくらいの時期に決断しました。

和式トイレから洋式トイレにすればいいだけなので、これと言った便器のメーカーの希望というのはありませんでした。どこかに見に行ったこともなく、工務店でお願いしたので、出来るだけ安い仕上がりにしてくださいということだけお願いしました。

今まで和式トイレだったので、冬とか寒かったのですが、温かい便座に座れるのが良いなと思います。ビデやウォシュレットは使ったことがないので、分かりませんが、使った家族によると、やはり安い便器なので、ウォシュレットは勢いが足りないなということでした。

地元の工務店

友人が大工さんをしているので、リフォームの相談をしたら、信頼できる工務店だということで紹介されましたので、初めての工務店でしたけど、そちらに全てお願いすることにしました。どこかのお店と比較などはしていません。

やはり地元の工務店なので、地域密着なので、接客態度がものすごく良かったですし、終わった後も何かあったら言ってくださいと声をかけてもらえて嬉しかったです。特に何もないのですが。あとは、工務店に女性がいて、壁紙はその女性の方と話し合いながら決められたので、センスも良く良かったなと思います。

和式トイレでトイレトレーニングしていないので、分からないですけど、すぐにトイレを子供が覚えてくれたので、良かったです。和式トイレだったら、もっと時間がかかっていただろうから。親も、和式だと膝が痛いと言っていたんですけど、洋式にしたら、トイレでの膝の痛みがなくなったと喜んでいました。

特にこれと言った後悔はありません。料金もね、それなりに出せたら良かったのですが、トイレって生活の中心ではないので、最小限のものでいいかなと思ったので、機能も少ないもので、値段も安いものを選びましたが、これがあれば良かったなというものもありませんでしたし、これはいらないなというのも特にはありませんでした。