両親と自分/22万円・TOTOの洋式の座り便座のトイレリフォーム内容

ぼっとん便所と立ちながら小便の2つのトイレだったのですが、2つの便所を1つにしてもらい、洋式に変えてもらったのと、壁紙が汚れてたので新しく白色の模様が入ったものに張り替えてもらいました。

両親が高齢になってから、和式トイレだと大をするのが毎回大変だと言っていたので、洋式トイレにかえることにしました。その際に壁紙もかなり汚れてたり剥がれてたので、新しく張り替えてもらうことにしたのが理由です。

トイレの便座メーカーでは一番有名だったし、母親の兄の会社でリフォームしてもらったのですが、おじさんもTOTOが良いんじゃないかなと言ってくれてたので、特に迷うことなくTOTOに決めることにしました。

良いところは、前までが和式だったので大をする時に座ってできるようになったので、疲れることなくトイレをすることができるようになったことです。悪いところは便座を上げたり降ろしたりするさいに、静かに降ろさないと音がするので夜中に用を足す際には音が気になる点です。

母親の兄の勤めてる工務店

母親の兄で自分からしたらおじさんにあたる人なので、昔から知ってて頼りになるし信頼できる人なので任せたのと、一応ほかのお店でもどれくらい料金が掛かるか見積もりを出してもらったのですが、おじさんの工務店が一番安かったので決めました。

満足してる所は、知り合いの工務店なので後から料金が余分に掛かったなどの心配もなく安心してリフォームできたのが良かったのと、リフォーム代金を一括で支払うのがきつかったので分割にしてもらったのですが、ローンを組むことなく分割払いで良いよと言われたので、利息が掛からなかったのは助かりました。不満なところは特にありませんでした。

和式の時には、大のほうをする際には足が疲れることがあったのですが、洋式に変えてからはゆったりトイレを済ませることができるようになったので便利になりました。あと和式の時よりも匂いがあんまり気にならなくなりました。

お金に余裕があればもっといろいろ機能が付いた便器にしたかったという気持ちはあります。あと手洗い場が別なので、予算があればトイレの場所に手洗い場も一緒に付けれたら良かったかなと思います。