夫婦と夫の父親/35万円・TOTO・ウォシュレット、簡易防臭機能のトイレリフォーム内容

和式トイレを洋式トイレに変更して、同時にトイレの床も変えました。また、トイレのドアも古くなっていたので、ドアも新しくしました。

私の父親はすでに80代になっていますが、年齢にしてはかなり元気で暮らしています。しかし、さすがに和式のトイレではしゃがんだり、立ち上がったりすることがしんどくなってきたことから、洋式トイレに変更しました。

リフォームメーカーに見積もりをお願いしたところ、幾つかの候補となる便器が提案されたのですが、その提案の中でももっともコストパフォーマンスに優れていると判断したので、上記のメーカーの便器に決めました。

あまりたくさんをお金をかけられなかったので、機能的には高機能とは言えない便器ですが、基本的な機能はあるので特に大きな不満があるわけではありません。ただ、自動的に便器の蓋が開閉する機能があれば便利だったとは思います。

地元のリフォーム業者

新築当時からずっとお世話になっているリフォーム業者であるので、使い勝手が良い業者です。長く付き合っているので、気軽に相談しやすいことが長所です。

長年付き合っているので、自宅の状況をよく理解してくれているので、相談がしやすいです。しかし、安いと思われているような業者と比べると少しコストが高くかかっていると思われます。

高齢になった父親からはトイレが楽になったと好評です。それに、トイレ掃除が楽になったようです。しかし、トイレを新しくしてから、トイレの時間が相対的に長くなったような気がします。

コスト面はもう少し支出して、高機能の便器にしたら良かったのではないかと感じてします。ただ、高機能であればあるほど、使わない機能もついているような気もするので、これはこれで良かったのかもしれません。